お支払い延滞時の対応

 お支払い期日を過ぎてもお支払をいただけない場合、または不足金等がある場合には、以下の通り対応致します。
最終の連絡 電話にて最終のご連絡を行います。電話が留守・不通の場合には、Eメール・FAX等にて連絡を行い、最終の連絡とします。この連絡にて、最終の入金確認日を通知します。
内容証明郵便による請求書の再発行 最終の連絡で通知した入金確認日に入金の確認が出来ない場合、もしくは最終の連絡(電話・Eメール・FAX)が不通であった場合、即日、内容証明郵便にて請求書の再発行を行います。その際に、書留・郵送料他の諸経費として¥1,500を加算して請求します。内容証明郵便の発送後は如何なる場合であっても、諸経費を含んだ金額の入金を求めます。
支払督促による通知 再発行した請求書に記載の期限までに入金の確認が出来ない場合、または内容証明郵便の受領を拒否された場合、裁判所を通じて支払督促の申立を行います。手続き・訴訟・支払請求等に関する全ての費用を含めて請求します。
延滞が悪質であると判断した場合 信用調査機関への情報の開示を行い、状況により管轄の警察署(京都府警堀川警察署)へ相談、被害届の提出を行います。それによる当事者への損害等に関しましては当方は一切関与致しません。